らんちゅうの交配方法

らんちゅうの交配方法

らんちゅうの交配を上手くする為には、交配する前年の秋頃からの体作りが肝心となってきます。
春までの間に病気になると、痩せた状態で春を迎える事になります。
また、餌のやり過ぎで肥満になると、精力が落ちてしまいます。
メスの場合はお腹が膨れ、難産になり、卵が詰まり死んでしまいます。
大切ならんちゅうを守る為にも基礎の体作りが重要なのです。
この時期は、今まで以上に十分注意していってください。
冬場は冬眠に入るので、最低でも交配の一ヶ月前には起こさなくてはなりません。
いいとされている交配日は、桜前線に合わせた4月20日あたりです。
あまり早期に起こすと調子を崩してしまう事があるので、この日を目安に起こしてみて下さい。
交配に適しているのは、子の特徴がはっきりして成長が早く、卵が立派で大きいといわれる3歳〜5歳のらんちゅうです。
交配前はオスとメスを分けておきましょう。
交配の際には、未受精卵の数を増やさない為にも、大体2:1ないし3:2で、オスがメスより多く必要となります。
未受精卵を放っておくと水カビが生え、受精卵に悪影響を与えてしまい、孵化までいかず腐ってしまいます。
なので、それは避けましょう。
また、成長不良になったり、寿命が縮まる可能性が高くなるので、交配は1年で2回までにしておきましょう。
人工受精は負担が少ないので目安は4回までですが、できれば2回までにしておいた方が長生きできると思います。

日本一のらんちゅう飼育法マニュアル

金魚雑誌・書籍では決して明かされることのない、「日らん全国大会」で、何度も「日本一」に選ばれた「山田芳人」が公開する、らんちゅう飼育の極意。

 

【内容】
・正しいらんちゅうの見方とは?
・なぜ、らんちゅうの「泳ぎ」が重要なのか?
・どんな餌を1日にどのくらい与える?
・らんちゅうを丈夫に大きく育てるためには?
・当歳、弐歳、親魚それぞれで気をつける点は?
・当歳魚が大きく育つためには?
・水換えのタイミングは?方法は?
・病気になったときの対応・治療法は?
・失敗しないらんちゅうを選ぶポイントとは?
・らんちゅうを死なせないためには?
・四季に応じたらんちゅうの管理法とは?
・黒仔を見分ける方法とは?
などなど…。

 

らんちゅう飼育・飼い方

日本一のらんちゅう飼育法マニュアル

↑↑↑↑↑

今すぐクリック!