らんちゅう飼育・飼い方

らんちゅうの出産と稚魚記事一覧

らんちゅうの交配方法

らんちゅうの交配を上手くする為には、交配する前年の秋頃からの体作りが肝心となってきます。春までの間に病気になると、痩せた状態で春を迎える事になります。また、餌のやり過ぎで肥満になると、精力が落ちてしまいます。メスの場合はお腹が膨れ、難産になり、卵が詰まり死んでしまいます。大切ならんちゅうを守る為にも...

≫続きを読む

 

らんちゅうの産卵について

産卵をさせたいのであれば、冬から準備をしましょう。らんちゅうは、冬になると冬眠します。水温が10℃以下になると、冬が来たと感じ、冬眠するのです。餌をまるっきり食べなくなります。水温が10℃以上になると、餌を食べることもありますが、産卵をさせたいのであれば、冬は絶食させましょう。冬眠時は、水深を40c...

≫続きを読む

 

らんちゅうの稚魚の育て方

まず交配後2〜3日目の卵を、産卵藻と一緒に新しい20度前後の水場に移動しなければなりません。交配時の精子や腐った卵で汚れた水は、生まれてきた稚魚に悪影響を与えます。このままの状態で育てれば、最初の水換えで稚魚が死んでしまう可能性が高くなってしまいます。次に餌についてですが、人工の餌と生餌の二種類あり...

≫続きを読む

 

らんちゅうの選別の仕方

らんちゅうの選別は慣れるまで難しいですね。稚魚は特にそうです。稚魚の選別のポイントは、思い切って不良魚を減らす事です。数が少ない方がゆとりのある飼育ができます。稚魚は生後2、3週間にもなると、尾びれもはっきりし肉付きもよくなり選別しやすくなります。さっそく水換えと一緒に天気のいい日に選別してみましょ...

≫続きを読む