らんちゅうの元気がないとき

らんちゅうの元気がないとき

前日まで元気に泳いでいたらんちゅうが、突然元気が無くなったら心配ですね。
では、どのような状態になると元気がない状態と言えるのでしょうか。
明らかに泳ぎ方がおかしいと思えたら、じっと観察してみましょう。
数匹で飼っている場合は、1匹だけ離れていて元気が無いらんちゅうは体調が悪いかもしれません。
それとは逆に水槽から飛び出さんばかりに泳いでいるのも、おかしいです。
この場合は、元気があるように感じるかもしれませんが、いつもとは違う泳ぎ方なので、注意が必要です。
また、水面の近くで口を開けたり閉じたりしていたり、下の方で動かずにじっとしているのも、元気がある時にはしない行動です。
そして、らんちゅうの泳ぎ方だけではなく、体の様子も観察してみます。
明らかに、ひれが破れていたり、血のような斑点がありませんか?
また、うろこが逆立っていたり、落ちていたりしていませんか?
さらに、体に白いカビのようなものはついていないでしょうか?
このような状態が見られるのであれば、病気かもしれません。
病気のらんちゅうには、早期発見の場合に限りますが、0.5%の塩水の中に入れてあげると、効果があります。
らんちゅうは、とてもデリケートな生き物です。
気温が変われば、水温にも気をつけてあげなければなりません。
水槽で飼うのであれば、餌は1日に2回で充分です。

餌のあげすぎにも注意します。
正しい飼い方で、いつまでも元気に泳ぎ回るらんちゅうでいて欲しいですね。

日本一のらんちゅう飼育法マニュアル

金魚雑誌や書籍では決して手にする事ができない、「日らん全国大会」で、何度も「日本一」に輝いた「山田芳人」が明かす、らんちゅう飼育の真髄。

 

【内容】
・正しいらんちゅうの見方とは?
・なぜ、らんちゅうの「泳ぎ」が重要なのか?
・どんな餌を1日にどのくらい与える?
・らんちゅうを丈夫に大きく育てるためには?
・当歳、弐歳、親魚それぞれで気をつける点は?
・当歳魚が大きく育つためには?
・水換えのタイミングは?方法は?
・病気になったときの対応・治療法は?
・失敗しないらんちゅうを選ぶポイントとは?
・らんちゅうを死なせないためには?
・四季に応じたらんちゅうの管理法とは?
・黒仔を見分ける方法とは?
などなど…。

 

らんちゅう飼育・飼い方

日本一のらんちゅう飼育法マニュアル

↑↑↑↑↑

今すぐクリック!